薬剤師の求人に応募する際には仕事内容をしっかりと見極めよう

救急対応が要求されることも少なくない

就職する人が非常に少ないのが実態です求人に対してなかなか応募しないと言う現実救急対応が要求されることも少なくない

病院の中の業務は薬局と同様に基本的に患者に対する薬剤の投与ですが、その他に入院患者や救急患者に対する薬剤の投与や管理監督の業務が発生するため、医師や看護師と同じように救急対応が要求されることも少なくありません。
また病院の一員として宿直や夜勤などの業務も発生するため、その勤務サイクルが不規則となり労働時間が長くなる傾向もあるため、求人に応募すると言う人が少ない要因となっています。
その他にもドラッグストア等の場合には全く業務内容が異なり、お店に来店する患者に対して症状をヒアリングし適切な市販薬の紹介を行う業務のほか、ドラッグストアで販売する商品の陳列や販売員としての業務なども重なるため、非常に過剰な労働強いられることも多いものです。
さらにドラッグストアの場合には病院や薬局が休日となる土曜や日曜も営業を行うことが多いため、土曜や日曜も出勤しなければならないことが多く、また営業時間が夜遅くまでの場合には店舗を閉めるまでの時間勤務していなければならないことになるため、非常に作業量が増える傾向にあります。
さらに近年ではドラッグストアも人件費の削減を促進する傾向にあるため1人で全ての業務をこなさないければならないことも多く、ドラッグストアの売り上げ管理などもしっかりと行わなければいけないためそのためのスキルを学ばなければいけなくなることも多くなり、非常に業務量が増えてしまうと言う実態があるのです。
そのため薬剤師の求人に応募する際には、それぞれの業務の実態をよく把握し、また業務内容について自分の適性を冷静に分析した上で応募することが大切です。